ヤフーショッピングへの出店無料化について

ヤフーショッピング出店無料化

初めまして、ネットショップ支援室の和田です。趣味はビリヤードなアラサーです。
ビリヤードは奥が深くて面白いスポーツなのですが、マニアックすぎる部分もあり敷居が高いのか相当にマイナーです。
出来ればもう少しメジャーなスポーツになってほしいものです!

それはさておき、本題です。これからこのブログサイトではヤフーショッピングを中心にネットショップ関連の情報をみなさんへ発信していきます!
詳しい方だともう知っている方もいらっしゃるかもですが、できるだけ皆さんに有益な情報を出せればよいと思っております。

今回は、ヤフーショッピングの出店無料化についてです。
今までネットショップに興味があっても「毎月の固定費がかかるからちょっと・・・」と思っていた方必見の出来事が起きました!

それは、ヤフーが発表した「eコマース革命」です!

10月7日にヤフーが「eコマース革命」を発表しました。なんと、それによりヤフーショッピングとヤフーオークションへの出店が無料となりました。
今までは、ヤフーショッピングでは出店料として初期費用2万1000円、月額費用2万5000円と売上手数料(売上額の1.7-6.0%)、ヤフーオークションでは出店料が月額1万8900円がそれぞれ必要でした。それが無料となったわけです!
「無料」と聞けばやはり多くの人がそれに飛びつきますね。実際に発表からたった一日で新規での出店希望者が1万以上で 発表後一週間での出店希望者が約6万件もあったのだから驚きです。
ただ、現状では楽天市場の店舗数は約4万店でそれに対してヤフーショッピングは約2万店で倍の差があります。
また、流通金額でいえばより開きがあります。

 2012年の楽天市場の流通総額       約1兆4 ,465億円
 20012年のヤフーショッピング流通規模    約3,082億円

なので実際のモールの規模としてはまだ全然楽天市場が優勢なのは変わりません。
これから初めてネットショップを始める方にとっては、ヤフーショッピングが無料だからとぱっと飛びつきたくなる気持ちはよくわかりますが、ちゃんと売り上げが見込めるかどうかもしっかり考えて選択する必要があると思います。
ですが、一日で1万以上の出店希望が殺到したようにこれからも多くの方がヤフーショッピングへの出店をするのははっきりしています。
それに対して、ヤフー側が必要なサービスを提供することが出来れば店舗数だけでなく流通金額も増えていくことは十分に考えられます。

今回の「eコマース革命」がヤフーショッピングをより市場を大きく成長させる材料となるのは間違いないでしょう。
そして、これからネットショップを開こうとしている方にとっては、既存のモールである楽天市場・アマゾン等に並ぶ選択肢の一つとなるのではないでしょうか?

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ